チャユット・フントーンチャルーン医学博士

経歴

タマサート大学で医学博士号を取得し卒業した後、ドクター・チャユットは1年間公立病院で研修医のインターンとして奉職。続く6年間で、美容医学こそ自身の天職であると気づきます。

彼はタイ国内で、鼻形成術、鼻縮小術、オトガイ形成術、眼瞼形成、口唇縮小術、頬部脂肪除去及び男性器増強といった施術をマスターした最高の形成外科医の一人であります。

彼の決断力と労働倫理は早くから際立っていました。ドクター・チャユットは、顧客への真摯な姿勢によって、タイ国内で最も人気のある形成外科医の一人となりました。ドクター・チャユットは男性器増強の技術を習得しています。

ドクター・チャユットはパリで、HE Clinicの後ろ盾であるリチャート・ディアカキス博士の指導を仰いでいます。

ディアカキス博士は数多のランチタイム男性器増強を施し、実際その先駆者の一人として認められております。ドクター・チャユットとディアカキス博士の出会いは2014年のフランス・パリの美容学会においてでした。

サランラット・コンタノームラック医学博士

経歴

新しく私たちのプロフェッショナルメディカルチームに加わってくれたHE Clinicの泌尿器科医相談役であるサランラット・コンタノームラック医学博士を紹介出来ることをとても嬉しく思います。

彼女はドクター・ウィーの愛称で知られ、プラモンクットラーオ大学の医学部を卒業した後はラーマーティバディ病院の泌尿器科にて研修外科医として3年間勤め、その後He Clinicに移りました。ドクター・ウィーはメンズヘルス、勃起不全、アンチエイジング、美容医学、スポーツ医学、栄養学、フィットネスプログラミング、減量、健康ダイエットプログラミングを専門としています。

ドクター・ウィーは個人としても、とても博識で1年間で20キロの減量に成功し、タイのモデルアスリートになりました。

彼女の過去の経歴には、ウボンラチャタニ県のプラチュアップキリカン病院(一般医として)とワーリンチャムラープ病院でのインターンを含みます。美容医学に関してはウボンラチャタニ県のドクタージムクリニック、シーサケッド県のメディケア、バンコクの美容クリニックにて実務経験があります。ボツリヌス菌やフィラーに特に興味があります。

リチャート・ディアカキス博士について

経歴

リチャード・ディアカキス博士はヨーロッパで最高の形成外科医の一人です。パリのシリュルジー・エステティック・パリおよびシャンゼリゼ病院は、彼が働いていたクリニックです。世界的に有名なフランス・スルシエのニース大学を首席に近い成績で卒業後、HE Clinicの楚を築きました。

1997年にマイクロ手術の単位を取得し、1998年には形成外科の単位及び修士課程の解剖学、そして1999年には一般外科の学位を取得しています。

整形手術が身体的な治癒だけでなく精神的な治癒にも寄与すると、彼が悟ったのは在学中のことでした。整形外科手術を通して、彼は芸術センスを発揮することができるようになったのです。

1999年から2000年の2年間、パリ病院にて次席を務めました。2000年には美容整形外科の単位を取得しています。

2001年には、パリで有名なシャンゼリゼ病院に加わり、10年以上の間に渡って美容整形のメスをとります。2011年にはパリに個人経営のクリニック開業を決意しました。彼が「幸せの手術」と呼ぶモラルヘルスに傾注するようになります。そして今日、バンコクでの彼の新しいトータル・ライフスタイル・クリニック、男性専門HE Clinicを紹介いたします。